受検者グループ

※この機能は 2020年5月11日に追加されました。

概要

受検者グループは、受検対象者の「組織」「独自集計属性」によってグループ分けする機能です。

受検者グループを利用して、

  • 対象者リストを受検者グループで絞り込むことができます。

  • 受検者グループごとの集計結果を見ることができます。

  • 閲覧専用アカウントに、受検者グループでアクセス制限をかけることができます。

たとえば、ある閲覧専用アカウントは「営業部」の結果にのみアクセスできるようにする、といった使い方ができます。

機能説明・使用方法

受検者グループ共通フォーム

受検者グループ選択が利用可能な以下の画面に、図のフォームが表示されます。

  • 実施設定画面 → 対象者一覧画面

  • 実施状況 / 結果集計 内の各画面

  • 実施設定画面 → 結果閲覧専用アカウント管理 → 登録画面・設定変更画面

  • (A)のプルダウンには(B)で設定した受検者グループが並びます。選択するとその画面内の結果に受検者グループによる絞り込みを反映することができます。

  • (B)のリンクをクリックすると、受検者グループ設定画面が開きます。

  • 閲覧専用アカウントでの集計画面へのアクセス時は、このフォームは表示されません。

受検者グループの設定

(B)のリンクをクリックすると、(A)で選択されている設定の詳細が表示されます。(選択されていないときは全設定の一覧が表示されます)

「新しい受検者グループを作る」を押すと、新規作成画面に進みます。

※「組織」と「独自集計属性」の値でグループを作成するため、対象者に「組織」「独自集計属性」が1つも設定されていない場合は、受検者グループの作成はできません。「独自集計属性」についてはこちらをご覧ください

設定済みの受検者グループの設定変更、削除が行えます。(削除前に確認画面が表示されます)

新規作成・設定変更画面

※図は「独自集計項目」を「勤続年数」として使用した例です。

現在設定されているすべての「組織」「独自集計属性」が表示されますので、絞り込みたい項目にチェックを入れます。

  • 組織1の「営業部」だけにチェックを入れると、「組織1が営業部」の受検者のみに絞り込む設定になります。

  • 組織1の「営業部」と、勤続年数が「5年」~「10年」の項目にチェックを入れると、「組織1が営業部」かつ「勤続年数が5年以上」の受検者のみに絞り込む設定になります。

  • 「組織」で絞り込まない場合は「全組織」、「独自集計属性」で絞り込まない場合は「全選択」をクリックし、全項目にチェックを入れます。

設定名は、(A)の選択プルダウンの選択肢として表示されます。

たとえば「営業部のみ」「役員以外」「勤続年数5年以上」など、設定の意図がわかる文言を設定すると、使いやすくなります。

プルダウンや一覧では設定名順に並ぶので、先頭に数字などを入れることで並び順を操作することができます。


設定入力後、「保存」ボタンを押すと設定が保存されます。

閲覧専用アカウントに受検者グループでアクセス制限をかける

実施設定画面 → 結果閲覧専用アカウント管理 → 登録または設定変更画面 の「受検者グループ絞り込み」の項目で設定します。

この項目を設定した閲覧専用アカウントでアクセスすると、画面右上に、結果が絞り込まれている旨が表示され、常に設定された受検者グループで絞り込まれた状態になります。

※閲覧専用アカウントでは、受検者グループの切り替えや設定変更はできません